default_mobilelogo


title-q
小45歳の主婦です。
舌の右横の部分が口内炎になって1週間たちますが、なかなか治りません。がんではないかと心配です。どうしたらいいですか?
 
第11回 口内炎と口腔がん
ザギザした境界は要注意
口内炎は小さくても、口の中では大きく感じるものです。また、しょうゆなどの刺激ぶつが染みてお困りのこととお察しします。口内とがんとの違いについて説明します。
口の中の粘膜に起こる炎症をまとめて「口内炎」といい ます。口内炎にはいろいろな種類がありますが、アフタ性 口内炎が一般的です。アフタ性口内炎は表面が白っぽく、浅い円形の直径1~数㍉程度の潰瘍で、周囲に赤みを帯び て強い痛みを伴います。一度に1個から数個できます。

口内炎は、口の中の粘膜であれば頬の内側や唇、歯ぐき、舌などどこにでもでき、乳幼児から高齢者まで幅広く発症します。ほとんどの口内炎は、1週間から3週間ほどで治りますが、つらい症状なので、発症しないように予防することが大切です。
予防は、口の中を清潔に保ち、硬い歯ブラシなどで傷つけないように気を付けます。 規則正しい生活をしてストレ スをためないように心掛けましょう。また、栄養バランスの取れた食事も大切で、特に、ビタミンB類やビタミンCを多く取るようにしてください。口内炎の治療には、口用の軟こうを使ったり、最近ではレーザーで治療する病院 も増えています。
一方、口腔がんは多くの場合、表面がでこぼこした潰瘍として発見されます。口内炎との違いは次のようなものです。
p11
【左】境界が不鮮明でギザギザしていて周囲が盛り上がったり、硬いしこりになっている口腔癌
【右】境界が滑らかで、周囲に赤みがある口内炎(徳島大学口腔外科宮本教授提供)       

まず、周囲との境界の違いです。口内炎は境界が滑らかな円形や楕円形であるのに対して、口腔がんは境界が不鮮明でギザギザしています。また、口内炎は周囲に赤みがあるのに対し、がんでは周囲が盛り上がったり、硬いしこりになります。がんは口内炎よりも痛みが軽いことが多いです。最も注意していただきたいのは、3週間以上治らない口内炎は、がんの可能性があるということです。
口の中は見えるので早期発見できると考えがちですが、実際は、10~20%の口腔がんしか早期発見されていません。
▽口の中が痛い ▽口内炎か 3週間たっても治らない ▽どこか分からないが出血がある ▽粘膜に発赤がある ▽粘膜に白斑がある ▽口の中にしこり、腫れがある ▽抜歯後が治らない ▽顎が腫れて入れ歯合わなくなった ▽喉に痛みや引っかかった感じがある ▽頬や舌が動かしづらい ▽鼻詰まりが片方だけある ▽しびれやま ひがある ▽首のクリグリが3週間たっても治らない などの症状がある場合は、かかりつけの歯科医や耳鼻科の受診をお勧めします。

がんの疑いがあるなら、徳島大学病院など専門病院を紹介してもらいましょう。
口腔がんで亡くなる方は、体全体のがんで亡くなる方の2%程度にすぎませんが、30年前に比べと約倍に増加したと言われています。特に ①たばこを吸う人②飲酒の習慣がある人③合わない義歯や差し歯の刺激がある人④口の中が清潔でない人⑤鉄分、ビタミン不足⑥他の部位にがんができたことのある人 は注意が必要です。生活習慣に気を付けることで口腔がんを予防するとともに、かかりつけ歯科医の定期的な受診をお勧 めします。
県歯科医師会では口腔がん 検診のシステムづくりに取り組んでいます。それぞれの歯科医師が定期的に研修・実習 を行った上で 、検診を実施し、がんを見落とすことなく、早期に発見するよう努めています。他のがん検診と同 じように口腔がんの検診も受け、早期発見、早期治療しましょう。
p11-yasuda県歯科医師会理事
安田 勝裕

line
このページのトップへ