default_mobilelogo
8020(ハチマル二マル)運動って知ってますか
8020(ハチマルニイマル)運動とは、

キッズ8020ノート
「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動です。

自分の歯で食事をし、全身の健康を維持するということはもちろんのこと、楽しい 食事・普段の会話・若々しい表情など、歯と歯ぐきの健康は、明るく豊かな生活に欠かせないものです。
その「8020」を達成するためには、乳幼児期、学童期から成人期までの自己管理、そして「かかりつけ歯科医」を持つことが重要です。
歯が痛くなってから歯医者さんに行く、ということだけでは「8020」は達成されません。

pdf-s KIDS 8020 NOTE(pdf)

 
1.きちんと磨きましょう
磨いていることと磨けていることとは違います。
歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目など汚れの残りやすい場所がありますので、歯間ブラシやデンタルフロス等を使ってきちんと汚れを落とすことが大事です。
正しい歯の磨き方の指導を受けるようにして下さい。
自分の健康、自分の歯は、自分で守るよう心がけましょう。

2.定期的に歯の健診を受けましょう
定期的に歯の健診を受け、歯を失う原因となるムシ歯や歯周病を早期に発見し早期に治療を受けるように心がけましょう。
また、気軽に相談にのってくれたり、指導をしてくれる「かかりつけ歯科医」を持ちましょう。

☆☆☆地域における歯科医の活動☆☆☆
歯科医師会は、行政、歯科衛生士、保健婦さん等と協力して次のような活動をしています。
・1歳6カ月児・3歳児歯科健診、予防活動
・保育園、幼稚園、学校での歯科健診
・職場、地域での歯科健診
・休日救急歯科診療
・心身障害者歯科保健事業
・訪問歯科保健事業
・歯科保健教育、相談事業
わからないことがありましたら気軽に歯科医師や歯科衛生士に聞きましょう。

☆☆☆8020が達成できなくても・・☆☆☆
仮に8020を達成できなかった方も、しっかりと噛み合い、きちんと噛むことができる義歯(入れ歯)などを入れて、口の中の状態を良好に保つことで、20本あるのと同程度の効果が得られます。
いつまでもおいしく食べ続け、健康寿命を延ばすためにも定期的にかかりつけの歯科医院に行き、口の中の健康を保ちましょう。