default_mobilelogo


title-q
22才の母親です。1才半の子供に、下の前歯が4本萌えていますが、ずいぶん奥から歯が萌えてきました。大丈夫で しょうか?歯のはえる順番はありますか。何を注意したらいいでしょうか。

 
第36回 乳歯のはえる順番
不安なときは相談を
初めてのお子さんだと思います。不安なことがいろいろあると思います。しかし、その子のその時の年齢・状態にあったことを考えてあげましょう。乳歯の萌出は一般的な萌出時期・順番はありますが、多少の早い遅い・順番も心配しなくて大丈夫です。
乳歯は上顎も下顎も真中から左右奥へ、A・B・C・D・Eと名前がついています。永久歯も前から奥へ順に1・2・3・4・5・6・7と番号がついています。一般的に萌出順序は、A→B→D→C→Eですが、CとDが入れ替わることもあります。全く問題はないです。その子の個性と見てあげてください。
御相談のお子さんはABDCEの順と考えられ、一般的な順番です。ただ、乳歯の問題として、歯の数、歯の形態、萌出方向、位置、構造、色、などの異常と、上下の歯の噛み合わせの異常もあることがあります。公的健診として、1才半、3才児健診があります。必ず受けてください。問題があればその時に、説明してくれるはずです。
乳歯の先天性の欠損や2本の乳歯が1本にくっついてしまった、ゆ合歯を見かけることがあります。乳歯の欠如やゆ合歯がある場合、後に続く永久歯も欠如することが多いです。ゆ合歯は抜けるべき時期に自然に抜けない場合があります。乳歯に欠如がなくても、永久歯のみ欠如することもあります。5~6才になったら、歯科医院でレントゲンを撮影してもらい、永久歯の有無・位置・方向を確認してください。

p36
永久歯に少数の先天的に欠如かある場合、前歯であれば、少し歯の間があく程度のこともありますが、奥歯であれば、乳歯がかなりおそくまで残る場合もあります。欠損が多数歯の場合、審美的にも機能的にも回復するのは困難になります。乳歯から永久歯への交換時期から計画的治療が必要です。
歯並び・咬み合わせは3才ぐらいまでは、悩まず見守ってあげてください。3才までは、歯並びを悩むより、虫歯を作らないように、歯磨き嫌いにしない、甘い物好きにしない、歯医者嫌いにしない、食べ物の好き嫌いがない、食べ物をしっかり噛めて飲み込めるように、又 フッ化物の応用を行うなど考えてください。そして生活習慣を改善・確立するように、お母さんのエネルギーを使ってあげてください。むし歯のばい菌は、母親から伝播によることが多いです。御家族そろっての歯科治療・口腔ケアを行ってください。
公的健診以外にも私的に約3ヶ月毎に歯科医院に連れて行ってあげましょう。最初嫌がるかもしれませんが、少しずつ慣れてくれると思います。また慣れる練習もしましょう。
むし歯は早期発見、早期治療と思われがちですが、ごく初期のむし歯は、すぐ削ったりしないで原因を改善し、進行しないように努力し、様子を見る場合もあります。
病には予防ができるものと、できないものがあります。ロの中の病気は努力しだいでほとんど予防できます。健やかに生涯健口で過ごせられるように、お母さん、今から始めましよう。
p24-abe徳島県歯科医師会
阿部 昭人

line
このページのトップへ