default_mobilelogo


title-q
通勤途中に自転車で転倒し、歯を強く打ちました。
子どもたちもよく自転車に乗っているので、けがをしないか心配です。自転車事故で歯や口を打ったときは、どうしたらいいのですか。また、どのように治すのでしょうか。
 
第24回 自転車で転倒し歯を損傷
治療で修復可能な例も
通勤や通学、スポーツなどで自転車を愛用する人が多くなっています。それに伴い、転倒や突通事故でけがをする人も増えています。けがをした直後は動転し、痛みや出血などでショックを受けるのが普通です。まず落ち着いて、頭や目など他にも異常がないかを確認してください。 歯が強い力を受けると ▽折れたり欠けたりする ▽位置がずれる ▽抜け落ちるー といったことがあります。 歯が欠けたり折れたりしたときは、治療で修復できます。破折した歯や破片があると、元の位置にくっつけることができるケースもあります。折れた歯をなくしても、人工的に修復できます。
歯がグラグラ動いたり、 位置がずれたりしているときは ▽歯茎の中で歯の根が折れている ▽抜けかけている(脱臼) ▽歯茎の骨(歯槽骨)が骨折している  などが考えられます。できるだけ出血部分を押さえて止血しながら、抜け落ちないようにして歯科医院を受診してください。治療は歯、 歯槽骨を元の位置に戻し、歯が動かないように連結して、細い金属線や繊維とプラスチックで2~6週間固定します。
p24
歯が抜け落ちたときは、 永久歯は素早く元に植え直す(再植)と生着します。再植は脱落から早いほど、また脱落歯の保存状態が良いほど成功率が高くなります。口の中に抜けた歯がなければ、ティッシュかハンカチで出血部位を押さえて 止血しながら抜け落ちた歯を探してください。
すぐに歯科医院を受診できるときは、抜け落ちた歯の土や砂、ほこりなどを無理に取ろうとせず、歯の頭の部分(ツルツルしている部分)を持って受診してください。夜間など、すぐに受診できないときは、歯を ラップやビニールに包んで乾燥を防ぎましょう。牛乳や専用の保存液が良いです が、なければ唾液をつけて 乾燥を防いでください。治療は脱落歯を元の位置に戻し、連結固定を行って生着を待ちます。
歯肉(歯茎)や口が切れたときは、唾液が混ざって 歯肉や唇からの出血が多く見えがちですが、圧迫止血できます。顔や唇の腫れは 冷やせば軽くできます。傷口に土や砂、アスファルトの粉などの異物が入っている場合は、早めの受診で除去することが必要です。傷口を縫合することもあります。
打った所は何ともなくても、顎骨や顎関節を骨折していることもあります。必ず歯科医院を受診してください。
p24-abe徳島県歯科医師会
阿部 昭人

line
このページのトップへ